パニック障害と不安感の関係

パニック障害で心臓の動悸

パニック障害が起こることであまりにも息苦しさを感じてしまい、死んでしまうのではないかという恐怖感が伴ってしまいます。これが典型的なパニック障害の発作。

 

慈済に、発作が起こり死んでしまうことはありませんが、不安を感じることで、うつ病や不眠症など、さまざまな精神的な病気に関わってしまうおそれがあるために注意。

 

本人にとっては命の不安を感じるほどの苦しみですが、気が遠くなり、まるで気分が違う世界にいるような感じをしてしまう。あまりにも症状がひどい場合は、ムリをせずに治療薬のパキするなどを服用すること。

 

パニック障害が起こることで、動悸や胸の痛みを感じることがあり、この段階で、精神科などで検査を受けパニック障害と理解しているのなら、さほど心配することはありません。

 

ただ、動悸などを感じ、循環器内科、内科を受診する人もいます。血液検査や心電図検査などにより異常が見つからない場合が多いために、この段階で正常だと告げられるケースが多い。

 

そのために、もし動悸や息切れを感じたら、他に精神科に相談をすることも重要になるかと思います。

 

 

上部へもどる