睡眠時間が重要

眠るときに時間をこだわることが大事

年齢とともに熟睡感は得にくいとされます。この睡眠が不足することでも、セロトニンの活動が鈍くなるために、結果手に気パニック障害やうつ病に関わるために、この部分をどれだけ意識できるか重要だと思います。

 

10代や20大の時は長時間眠れていても、年齢を重ねると、必要な睡眠時間は短くなる。つまり、長く寝床で過ごすと、逆に睡眠が浅くなり、熟睡感をえることができない。朝井眠る地熟睡は全く異なり、疲れも取れません。

 

浅い睡眠とは、熟睡の時間が短く、体の疲れも、脳の疲れも十分に癒すことができません。それに引き替え、深い睡眠は、体の疲れも脳の疲れも長く、癒すkとができるそうです。

 

 

どうしても、睡眠時間は長い方が良いと思いがちですが、長すぎると眠りの質が低下し、加齢とともに、ぐっすり地眠れる時間は短くなります。若いころと同様に8時間以上寝ていると、睡眠自体が浅くなり、熟睡考えられない、こうなると、心の綿で注意しないと、うつ病やパニックショウガなど、初期症状が起こりやすい。感情や意欲に関する訴えなど、自分では気づかないのですが、しだいに起こりやすくなります。

 

やはりこだわりたいのが、睡眠のリズムを心がけること。毎日のように眠る時間帯を決めておくことが大事です。すると、5時間でも6時間でも、十分に体や脳の疲れをいやすことができて、今まで溜まっていた疲れを癒してくれるわけですね。

 

 

上部へもどる