ビタミンB1とパニック所具合の関係

ビタミンB1とパニック障害

急に「動悸、息切れ、みまい」などが起こってしまうパニック障害ですが、大きな要因として不安や恐怖、ストレスなどが大きな原因とされています。そのために、普段から、この部分を改善しなくてはいけませんが、それ以外にも起こりやすいのが栄養不足です。とくに、ビタミンB1が密接に関係してきます。

 

ビタミンB1と言えば、肩こりや首筋、頭痛などの原因にも関係し、体内で糖質を腎臓でエネルギーに変えて、筋肉を柔らかくする効果があります。筋肉が柔らかくなることで、神経に負担が無くなり、肩こりや首筋、頭痛の痛みが解放されるわけです。

 

そして、不安などについては、精神的な部分にビタミンB1が関係し、セロトニンのアミノ酸の栄養分になるのがビタミンB1になります。そのために、普段から栄養不足な食事をとることで、セロトニンの活動がニブクナリ、よりパニック障害が起こりやすくなります。
にんにく
そこで、ビタミンB1が豊富に含まれているニンニクやうなぎ、そばなどたくさん含まれているものを毎日のように食べることで、セロトニンの栄養価になり、パニック障害の予防につながると思います。

 

 

上部へもどる