呼吸にどれだけ意識できるのか

呼吸をどれだけ意識するのか

 

パニック障害や過呼吸、それから肩こりや頭痛など、呼吸の仕方を少し変えるだけでも改善することができるそうです。お腹を動かして浅い呼吸をつづける。ゆっくりとした呼吸法。

 

いままでは、酸素を口や鼻で吸うことなんていたって普通で当たり前だと思っていました。でも、実際にパニック障害になった時に、呼吸をどれだけ行うかにより、治まり具合、再発などの予防につながります。

 

特に、私が意識しているのが、ゆっくりとした浅い呼吸です。機構をベースにした、呼吸法で、機構の方のように上で足を大きく動かしながら呼吸を繰り返すのです。

 

体内の横隔膜や腹筋を使って内臓を大きく動かし、腹部の血流を高める、そして自律神経を整えること。これらは深くゆっくり呼吸をすることで機能し、不調の解消に欠かせません。特に私は、寝る前などに行いますね。すると、体全体が軽くなり、浮き上がったような感覚になります。

 

こうやって寝るときにでも、呼吸を意識しているだけで、不安や悩みなど考えなくてよいので、パニック障害などの改善につながると思います。

 

 

上部へもどる