パニック障害に効く薬

パニック障害に効く薬「パキシル」とは?

パニック障害を抑えるために効く薬(パキシル20mg)を服用しています。
パニック障害に効く薬『パキシル』ジェネリックを通販で購入

 

30歳の女性です。
今までは通り普通の生活をしていたんですが、急に症状が起こりました・・・。

 

仕事から帰ってきて、ご飯を食べながらテレビを見て、風呂に入り寝る。いたって普通の生活のつもりでしたが、いきなり布団に入ったとたん、急に目の前が暗く、息苦しくなり、死ぬかと思うくらい心臓が”ギュギュ”と破裂しそうなくらい動悸が起こりました。
beto.jpg

 

ただ15〜30秒ほどで収まったために、その日はそのまま寝たんです。
しかし、次の日の朝、「息苦しさ、動悸」を感じたために、病院で検査を受けたところ、神経内科でパニック障害と診断を受けたんです。

 

急におこる「動悸、息切れ、めまい」

私と同じように、初めてのパニック障害を受けた人で、症状がヒドイ時は救急車を呼んで病院に運び込まれることもあるそうです。たまたま私の場合は15秒ほど治まったのですが、長い人は1時間以上も続く人がいるそうです。
kyuukyusya.jpg

 

具体的なパニック障害の症状として、
動悸発汗ふるえ息苦しさ胸の痛み吐き気腹部の不快感めまい死の恐怖」など、種類は一つではなく、多種類あるそうです。

 

私が何度か感じるパニック障害は、
目の前が突然真っ暗になったり、心臓の鼓動が速く強くなり、破裂しそうになる・・・。
本当に強烈な不安感が押し寄せられ、締めつけられるような胸の感覚が出てきます。
panikku.png
どうしても、パニック障害の発作は一度でなく、何度も繰り返し起こすことがあるために、1度でも発作を感じた人は再発が心配になってしまいます。あの息苦しくなるような症状の恐怖になると、本当に死んでしまうのではないかと心配になります。

 

 

パニック障害の特徴的な所は、病院で検査をしても身体的な異常が見当たらない所で、何度も発作を繰り返すことです。特に、私のように30歳前後の女性に多く、年齢が高くなると、発症率も増えるそうです。

 

不安や恐怖により起こる症状

パニック障害の原因についてですが、今のところ医学的にはっきりとしたことはわかっていないそうです。しかし、一つの推論として、脳内の”不安”と感じる神経機能が強いことでパニック障害が起こりやすいとのことです。

 

確かに、私は20代後半になってから、先々の不安、金銭的な問題を考えることが多かった。
fuan.png

 

毎日のように「不安、恐怖」を感じることで、脳の機能が明らかに活動に異常をきたし、その中のセロトニンの量が徐々に減少するそうです。

 

すると、セロトニンが少なくなり、脳の機能が低下することで、
・やる気が出ない、
・朝起きるのがだるい
・集中力の低下
・ストレスがたまりやすい

 

こういった症状が起こり、結果的にパニック障害が発生しやすくなるそうです。

 

 

そこで、セロトニンを取り込むために利用するのが薬物療法になります。

 

パニック障害に『パキシル』

パニック障害に対する治療の基本は薬物療法で、
SSRI抗不安薬抗うつ剤」などが有効である事が認められています。

 

 

 

SSRI 抗不安薬 三環系抗うつ薬
長所

・抗うつ・抗不安作用がある
・抗コリン作用が少ない
・依存性がない、乱用が少ない

・乱用が少ない
・研究データが多い

・即効性が強い
・忍容性が強い

短所

・価格が高い
・効果が出るまでの時間

 

・発現が遅い
・副作用が多い
・忍容性が低い

 

・依存性がある
・乱用がある
・乱用の危険性がある

製品名

・パキシル
・ルボックス
・デプロメール
・ジェイゾロフト

・コンスタン
・ソラナックス
・セルシン
・ワイパックス

・トリプタノール
・トフラニール
・アナフラニール

 

この中で、私が服用しているのがSSRIのパキシル(20mg)です。
実は、パキシルだけパニック障害に対してを正式な適応症とする唯一の薬とされているそうです。

 

パキシルの効果

パキシルは、主要成分がパロキセチン塩酸塩水加物で、服用することでセロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害します。
sogai.png

 

そうすることで、脳内のセロトニン濃度が高まり、神経の伝達が活発になることで、「不安、恐怖」がやわらげパニック障害を予防してくれます。

 

パキシルのジェネリック通販

パニック障害を抑えるために服用するパキシルの薬についてですが、病院でも処方されてますが、現在わたしは通販でパキシルを購入しています。
kibod.jpg

 

どうしてパキシルを通販を利用するかと言うと、病院から処方されるパキシルの価格が高いからです・・。

 

販売

製品

用量

価格

病院 パキシル 10mg 100.5円
病院 パキシル 20mg 175.円

 

私は1錠20mgのパキシルを毎日服用していますが、薬の中では結構高い価格だと思います。

 

最初は仕方ないと思っていたんですが、いろいろ探してみるとパキシルにもジェネリック制度があるそうで。つまり、パキシルのジェネリックとは、同じ成分(パロキセチン塩酸塩水加物)を持ちながらも、価格を安くして購入することができる制度です。

 

販売

製品

用量

価格

病院 エビリファイ 10mg 100.5円
病院 エビリファイ 20mg 175.3円
通販 ジェネリック制度 20mg 50円
通販 ジェネリック制度 40mg 30円

 

 

このジェネリックの制度を、インターネットの通販を利用すれば購入することができます。

 

しかし、なんだか「パキシルの薬をインターネットで購入する」って悪いことではないのか?っと思っていたんですが、調べてみると、医師の処方箋無しでも自分自身が利用する分にはまったく問題ないそうです。

 

 

もしも、「毎月のように病院に通院するのが面倒、薬代が高い」と思うなら、通販を利用しパキシルを「簡単に、安く購入」するのも一つの手だと思います。

 

パキシル通販の購入サイト

数量

価格

1錠の価格

通販

20mg
1箱100錠

2,300円 23円 購入にかんして>>>  

40mg
1箱100錠

3,100円 31円 購入にかんして>>>

 

 

上部へもどる